タイトル  「強さ」がほしい | 刀剣乱舞(とうけんらんぶ) 女性向け刀剣育成ゲーム【無料登録】

刀剣乱舞

MENU

刀剣乱舞(とうけんらんぶ) 女性向け刀剣育成ゲーム【無料登録】

刀剣乱舞(とうけんらんぶ)は女性向け刀剣育成シュミレーションゲームです。2016年にはスマホ版も配信開始予定! 有名声優陣も多数出演のゲーム。戦士となった名刀を擬人化し育成します。好みのイケメン刀剣男子を育成し、いざ出陣!

▼▼▼早くイベントに参加▼▼▼
刀剣乱舞(ブラウザ)



★無料で課金する方法とは★



タイトル  「強さ」がほしい

 どんな物にも人にも歴史があり、知ることで自分の興味が、突然目を覚ますこともある。
情報が世界を飛ぶ時代の真っただ中を生きているのが、私たちだ。その知ることが、偶然出会ったオンラインゲームのストーリーでも何もおかしくないのである。
 聞き慣れない言葉である「刀剣女子」というのも例外ではない。何万とあるゲームの中の一つと出会い、それにのめり込んで行く。
ストーリー性や主人公の使う刀剣に魅了されても、それを、その個人が、どう感じるか。昔は、なかなか刀剣店にも足を踏み入れることもなかった女子に、身近に接するチャンスを作ってくれているのも事実なのである。
時代の置き土産のように、世の中の片隅に置かれていた刀剣が、ゲームが火付け役となって再び輝き始めたのである。ゲームだけでは、物足りなくて美術館に通う女子も増えていると言うのも実に、面白い流れだ。
 昔、武家の女子たちは、護身用としても小刀を持っていたらしい。ゲームの中の刀剣男士の美しさに憧れ、それを持つ刀剣そのものを見たい、という思い。先人の残してくれた刀剣を見学に美術館を訪れるのも粋なものだ。日本の歴史ある刀剣の世界にのめり込み、美を鑑賞して上質のひとときを過ごすこともなかなか風流じゃないか。
ある時、南イタリアのナポリで、とある刃物店のショーウィンドウに立派な日本刀が飾られていた。これには、大変驚いたが、その店の店主が、
「KATANA(カターナ)ジャッポネーゼ」
と言ったのにもビックリしたことがあった。
 昔を思えば、子供の頃、男子は、チャンバラごっこをして遊んでいた。今のようなおもちゃの刀もない時代は、木の棒を刀に見立て、振り回していたものだった。切られ役の子供は、大袈裟に切られて倒れたりしていた。
今では、そんな風景は、とんと見ない。
思うに、昨今の女子の傾向は、変わりつつあることだ。女子も進化している。趣味趣向も、個性的で、穏やかにして聡明で力強く、何か存在感のある女性が増えているような気がする。男性に対する「強さ」の憧れも期待できない今なのか。その強さを感じさせるゲームの中の主人公たちの持つ刀剣を強い者だけが持てる刀剣への憧れと自分自身が強くありたいという思いをダブらせて女子たちを「刀剣女子」に誘(いざな)っていることを、時代の流行の一過程と評価するのは、余りにも単純すぎる。 今や、どんなことにも徹底して極めることを目指す女子も増えているのだ。昔のように、「女子イコール弱い」という感覚も、むしろ「女子=強い=頼もしい=困難に立ち向かう生き方」という傾向にある中、せめて、現実からひとっ飛びして「か弱い自分がいること」を自覚したいのかもしれない。次の流行は、女侍のコスプレブームが目に浮かぶのは、私だけだろうか。


▼▼▼無料登録はこちら▼▼▼

刀剣乱舞-ONLINE-






メニュー