刀剣乱舞,とうけんらんぶ

MENU

刀剣乱舞(とうけんらんぶ) 女性向け刀剣育成ゲーム【無料登録】

刀剣乱舞(とうけんらんぶ)は女性向け刀剣育成シュミレーションゲームです。2016年にはスマホ版も配信開始予定! 有名声優陣も多数出演のゲーム。戦士となった名刀を擬人化し育成します。好みのイケメン刀剣男子を育成し、いざ出陣!

▼▼▼早くイベントに参加▼▼▼
刀剣乱舞(ブラウザ)



★無料で課金する方法とは★



初心者審神者向け ゲームのコツ

刀剣乱舞を始めたのなら、色んなキャラを発掘したいところ。
お気に入りのキャラに出会うには、レシピなるものを試行錯誤しながら考える必要があります。

便利な刀剣乱舞「ちゅーとりある」

刀剣乱舞には始めに「ちゅーとりある」が用意されています。
初心者にもわかりやすくゲームの解説をしています。
その中で使いながら覚えていくという場面もありますので安心です。

まずは基本の鍛刀

始めの「ちゅーとりある」を終了させたものとして、進めていきます。

鍛刀とは、刀剣男子を作り出すことを言います。
刀剣男子を作るために、鍛錬所にて木炭、玉鋼、冷却材、砥石、という4種類の資材を用い、作り出します。

とにかくはじめのうちは、この鍛錬所に足繁く通い、刀剣男子を数多く生み出しておくのが良いでしょう。
この鍛刀の際は、刀剣男子を選択できません。
先ほど述べた4種類の資材の量や確率によって生み出される刀剣男子が決まってくるのです。

資源自体は時間とともに増えていきます。
お気に入りを作るために色んなレシピを試すのには、どっしりと構えてのんびりと行くのが良いでしょう。

特に、鍛刀や脇差、打刀が出やすい傾向にあります。確かにほかの者に比較してみると、少し能力の差が見られますが、
はじめのうちに必要な先制攻撃が得意。
その上、遠戦というものができるので、もっておいて損はないでしょう。

比べて出現しにくいと言われているのが、太刀、大太刀、槍、薙刀です。
これらは能力は高い数字が出ていますが、攻撃が遅い。

このように、刀剣男子自体の長所短所はさまざまなので、うまくその特性を活かしながらやっていく必要があります。

鍛刀のように、どっしりと構え、同じメンバーで鍛錬を積むのが序盤戦には必要な経験となります。

確率によって出る刀剣男子が違うとはじめの方に説明しましたが、ある程度のレシピは口コミにより広がっています。
多くは資源の投入量が多いほどレアキャラが出るという傾向にあります。

資源を無駄遣いせずに試行錯誤するのは難しいですが、投入量を変えていかないことには出てくる刀剣男子は変わらないということは言えそうですね。


鍛刀を終えたらいざ出陣!

刀剣男子をある程度揃えることができたら、いざ出陣!
やはり経験を積まないことには鍛えられません。
ただし、ここにもやはりコツのようなものが存在します。

出陣の前にチェックしておきたいのが、刀装。
兵士の力を蓄えた数珠を刀剣男子に持たせます。
これは武器という形ではなく、兵士の魂。

これにより、刀剣男子のパワーは上がり、防護としても活躍します。
この数珠がないまま出陣してしまうと、ダメージを受けやすく、破壊されかねません。
もちろん有料アイテムで身を守ることもできますが、タダで出来るものは試しておくほうがいいですよね。

もし、出陣によって塀の力が減少してしまっても、城に変えればまた元通り。
刀剣男子自体のダメージに比べて回復も速いです。

ここでも大切なのは資源の構成。
量を調整しながら数多く数珠を揃えておきましょう。

重宝されているのは、投石兵と弓兵、銃兵。いわゆる飛び道具的な兵ですね。
遠くからダメージを与えることができるので、もっておくといいでしょう。


日課はただのお仕事ならず

意外と大事となってくるのが日課。
内容はカンタンなものばかりですが、日々コツコツと積み重ねることで、資源をより多く入手できます。
これをやってくことでレアキャラを作り出すことにつながりますよ。

体調管理も大事

刀剣男子の体調管理も大事です。
ステータスを確認したらわかりますが、出陣後に赤い顔のアイコンなどが出ることがあります。
表情からもわかるように、刀剣男子たちの疲れ具合ですね。
私達審神者と同じように、休息を取るだけで回復してくれます。
一緒におやすみしましょう。

見逃せない回想シーン

決まった刀剣男子を戦場に出すと、組み合わせ次第で回想シーンを見ることができます。
これは、ヒントです!
地名など縁のある刀剣男子を出陣させるといいですね。


はじめのうちにうまくいくと、あとのゲームも楽しくなるというもの。
メンドクサイものも中にはありますが、ちょっとしたコツで面白くなりますよ!




▼▼▼無料登録はこちら▼▼▼

刀剣乱舞-ONLINE-






メニュー