刀剣乱舞,とうけんらんぶ

MENU

刀剣乱舞(とうけんらんぶ) 女性向け刀剣育成ゲーム【無料登録】

刀剣乱舞(とうけんらんぶ)は女性向け刀剣育成シュミレーションゲームです。2016年にはスマホ版も配信開始予定! 有名声優陣も多数出演のゲーム。戦士となった名刀を擬人化し育成します。好みのイケメン刀剣男子を育成し、いざ出陣!

▼▼▼早くイベントに参加▼▼▼
刀剣乱舞(ブラウザ)



★無料で課金する方法とは★



歌仙兼定(声:石川界人)

歌仙兼定

【打刀】/歌仙兼定(かせん かねさだ)とは

刀帳NO.89

室町時代に活躍した刀匠。その時代の美濃国では特に有名な人物だった。
兼定の刀を、細川忠興、明智光秀、柴田勝家など、有名な武将が使用していたとされる。
細川忠興においては、近臣たちの働きが良くないとし、家臣36人を城に呼んで殺害。その際にこの刀を使用したので、殺害した36人にちなみ「三十六家臣」⇒「三十六歌仙」と語呂を合わせ、この刀を「歌仙」と呼んでいた。



初めは家老柏原要人定常が所有。
肥後熊本藩3代藩主細川網利の時代にことだった。

網利がその父の急死のために6歳にして家督を継いだ。その後62年後に引退。この間に譲られたのではないかとされている。
しかしながら、拝領したとされる柏原要人という人物については、資料が残っていないらしい。
ゆかりのある徳川家の残った資料において、貞享元年、3年、元禄4年、14年、正徳元年、2年に柏原要人とされる人物の名前は書かれている。
元禄14年は家老に、正徳元年には家老要人に。その後正徳2年には亡くなったとされる。
ただ、その名前は柏原要人定常ではなく、定通だった。

柏原家が所有していたのはおよそ明治30年あたり。その後さまざまなところへと渡されたが、第16代当主細川護立が買い戻した。昭和初頭のことである。
それからというもの今に至るまで、永青文庫(細川護立氏が設立)に残されているとのこと。

チュートリアルで選ぶことの出来る初期刀の1つ。たくましい体つきとは裏腹に何よりも優雅であること、風流であることを好んでいる。
ゲーム開始直後には負傷した際のセリフが2パターンあったとされるが、すぐに1パターンに統一。

紋については、晩年の細川忠興に由来している。忠興の発言の中に出てきた「明石の裏の牡蠣殻」という部分から三つ巴に潮を合わせて考えられた。

自分のことを”僕”と呼ぶ、自称文化系男子である。
イラストの通り、体格は良い方のよう。
その割に肉体労働をいやがる傾向にあり、わがままな面も見られる。

声:石川界人

出演作品

アニメ

ハイキュー!!
黒子のバスケ
Bonjour♪恋味パティスリー

ゲーム

ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!!
Bonjour♪恋味パティスリー
夢王国と眠れる100人の王子様

ドラマCD

翠星のガルガンティア 謝肉祭〜夕餉〜
プリトレ〜王子様の育て方〜(ストーン王子)
日々蝶々


▼▼▼無料登録はこちら▼▼▼

刀剣乱舞-ONLINE-






メニュー